細胞 2017年7月14日

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内が狭まり、血液の流れが途切れ、大事な酸素や栄養を心筋に届けられず、筋肉細胞自体が機能しなくなるという大変危険な病気です。
アミノ酸であるグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を衰退させたり変異を誘引するような悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で解毒し、肝臓の動きを促すような動きが確認されているのです。
子どもの耳管の特性は、大人のそれと比較すると幅が広く短めの形であり、尚且つ水平に近いため、ばい菌が潜り込みやすくなっているのです。幼い子どもがよく急性中耳炎を起こすのは、この事が関係しています。
インフルエンザ(流行性感冒)に対応した予防方法や医師による処置等必然的な措置そのものは、それが季節性インフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザであっても変わらないのです。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森の杉や檜などの大量に飛散する花粉が誘因となって、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻水などの多様なアレルギー症状を発症させる病気だと広く知られています。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者にしか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように当事者以外の人にも高性能のマイクロホンを使うと聞こえてくると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
栄養バランスのいい食事を1日3回とることや運動はもちろんですが、身体の健康やビューティーアップのために、食事の補助として複数のサプリメントを利用する事がおかしくなくなったそうです。
トコトリエノールの作用の中では酸化を遅らせる作用が特に有名ではありますが、加えて肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生成を抑制したりするというようなことが確認されています。
HIV、つまりエイズウイルスを有する血液、精液を始め、女性の腟分泌液や母乳などの様々な体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口に触れた場合、感染するリスクが大きくなってきます。
30才から39才の間に更年期になるとしたら、医学用語ではPOF(Premature Ovarian Failure)という病のことを指します(この国の場合は40歳以下の比較的若い女性が閉経することを「早期閉経」と定義しています)。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わる色々な酵素や、細胞・組織の入れ替わりに関係する酵素など、200種類以上存在する酵素の構成物質となるミネラル分なのです。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる物質が、肝臓に存在する解毒酵素の正常な創造活動をサポートしているかもしれないという新たな真実が判明しました。
目と目を合わせることなどで、当事者がセラピーキャットのことをすごく愛おしいと思う時にオキトキシンが多く分泌され、ストレスを減らしたり心のヒーリングなどに繋がっているといわれています。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日以降は原則無料で接種できる定期接種になることによって、集団接種ではなく医療機関で接種してもらうになりました。
脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みの鎮圧、様々な覚醒などを支配しており、単極性気分障害(大うつ病)の方はその働きが弱くなっていることが分かっているのだ。

Categories: 未分類